オーガニックコットン I  ORGANIC COTTON

タニラグのカシミヤ製品にひろがりをプラスするオーガニックコットンは、3年以上農薬を使用していない土壌で栽培された綿花農園から最高品質の綿を厳選します。

化学肥料ではなく有機肥料を使い、殺虫剤や除草剤、枯れ葉剤などの農薬は一切使用しません。それを3年以上守り続けてつくるというルールがあります

オーガニックコットンにこだわる理由

綿の栽培にはとても手間がかかります。
白いコットン。ピュアなコットン。organic-farm
でもその栽培のウラ側を知っていますか?

種をまく前に、化学肥料。
新芽が出ると、防カビ剤、殺菌剤を散布。
雑草が生えると除草剤。
害虫が付くと殺虫剤。
実がはじけると枯れ葉剤。

 

綿畑は世界の耕作地のわずか2.5%でしかないのに、世界の殺虫剤の約16%、農薬全体の7%が綿畑に使われているのです。
衣服の大量生産という人間の勝手なサイクルに、自然の理を無理に合わせるために、大量の薬剤、化学肥料が使われています。
アメリカの環境保護局は、アメリカの綿花栽培に使われている農薬の中で、10種類の農薬については、発ガン性の疑いがあることを認めています。

オーガニックコットンの栽培方法

ladybug_01

タニラグが使用するオーガニックコットンは、畑に化学肥料を散布する代わりに牛糞や堆肥などの有機肥料を使用しています。

除草剤で雑草を枯らす代わりに、土を掘り起こし雑草を土に埋めます。

 

殺虫剤を散布して害虫を殺す代わりに、畑の周りにトウモロコシなどの雑穀を植えてそちらに有益な虫を誘い、テントウムシなどの天敵を自然に増やすことで害虫を引き離すという生物多様性を活かしたやさしい駆除方法をとります。こうして健全に栽培された植物には害虫もつかなくなるのです。

 

枯れ葉剤を散布して綿を収穫しやすくすることはせず、そのかわり給水を絶ち、霧によって自然に葉が落ちるのをじっくり待ってから収穫します。

オーガニックコットンを選ぶ意義

オーガニックコットンは、普通のコットンよりもふっくらしていて、包み込むような軽やかな肌触りはこれ以上無いというくらい抜群です。何度洗濯をしても、とろりとしたやさしい感触が損なわれることが無く、自然本来の生命力に圧倒される方が多いのも納得できます。

オーガニックコットンは地球環境だけではなく、それを選ぶ人のココロも健全に保ち、着る人にやさしい自然の恩恵です。生産者として貴重なオーガニックコットンを調達することは、社会的に大きな意義があると実感しています。

 

オーガニックコットンを原料にしてテキスタイルをつくる際、塩素系漂白剤などは使わず、天然ワックスやでんぷんを主体に使います。発がん性物質、アレルギーの元となる薬品はすべて使用禁止です。染料も厳しく制限されています。製品になるまでの全生産工程で、できるだけ化学薬品を使わずにつくられたものに限定します。当然、遺伝組み替えの種は使いません。

 

農家は自分たちが栽培したコットンから種を採取し再び同じ土壌で栽培することが可能なのです。

 

そしてトレーサビリティー。どこで、どうやって、誰によって、どのような栽培がされたかが追跡できること。さらに、労働基準を守って、児童労働をさせていないこと。
オーガニックコットンは、それに関わる全ての農民のことを第一に考えています。

公正な価格で買取ること、買取りの保証をすること、子供達が学校に行ける時間を作ること。

 

農民たちの暮らしを保証し、その利潤は次世代に受け継がれます。

オーガニックコットンのまとめ

cotton_0023年以上化学肥料や農薬を一切使用しない土壌で栽培されていること

遺伝子組み換えの種を使用しないこと

枯葉剤を使わずじっくり自然に葉が落ちるのを待ってから収穫すること

製品までの生産工程で化学薬品を使わないこと

公正な労働基準と価格を守ることで、農民たちの生活を守ること

児童労働が一切ないこと

原料のトレーサビリティーが明確であること

タニラグが使用しているオーガニック素材原産地

コットン:インド・アメリカ
ウール:オーストラリア
リネン:ベルギー